本サイトはBGMを含んでおります。
BGMをONにしますと、本サイトをよりお楽しみいただけます。
ON / OFFをお選びください。

海辺で出会った彼女は、美しく饒舌で世界で誰よりも—— 死にたかった。

猫が戯れるのを眺めていた時椿は、断崖絶壁に立つ女性に声をかける。
飛び降りようとする黒髪の美女・十郎丸は、多くのヒット曲をてがける作曲家だった。
彼女は予想に反して、雄弁で自信に満ちた口調で死にたい理由を語ってのける。
人生で初めて出会った才能豊かな人間が堂々と死のうとしている事実に混乱する時椿。
なんとかその日は翻意させ、下宿に連れて帰ることとなる。

なぜか猫に嫌われる死にたい天才作曲家と、何も持たない大学生。
分かりあえない二人の、分かりあえない6日間が、始まった。






麻枝 准の生きている世界はこんなにも苦しくて、理不尽なものだった――。
『AIR』、『CLANNAD』、『リトルバスターズ!』、『Angel Beats!』、『Charlotte』、そして『神様になった日』。
これまで「泣ける」ことだけにこだわり創作してきた彼が純粋に書きたいものを初めて書いた処女文芸作品、緊急刊行。
読めば読む程に愛おしくなってくるのは、実にお見事
榊一郎(小説家)
拝読して最初の印象はとにかく『ものすごく中二病な小説!!』というものでした。
人生は生きるに値するか否か。自分がこの世に生まれてきた事は、喜ぶべきか、忌むべきか。この思春期には誰もが一度は考えたであろう、答えなんか出る筈の無い難題を、真正面から扱った物語。

物語の基本構造は比較的シンプルで、突飛な道具立ても無し、会話主体で、登場人物達の考え方が様々な場面で披露されていく――『これぞ小説!』という体裁。登場人物も少なく一人称文体なので、非常に読みやすい。
しかしそれだけにごまかしが効かないというか、一歩間違うと、ただエキセントリックなだけで不愉快な人物とのやり取りを、延々見せられる事になりかねないんですが。
傲慢な言動の中に、奇妙な幼稚さと愛嬌のある十郎丸(芸名)と、凡人の自覚がありながらも何とか彼女を救おうと悪戦苦闘する時椿(本名)のやり取りが、読めば読む程に愛おしくなってくるのは、実にお見事です。

幸福な人も、不幸な人も、ふと自分の人生に疑問を持って立ち止まった時に読んで貰えると、何か新しいものが見えてくるかも――そんな物語でありました。
これまでとは違う何かに到達しようと奮闘している麻枝 准を感じられる
仁木英之(小説家)
〇〇はレジェンドである。
偉大な、かつて憧れた存在に敬意を表してそう語られる。私の中でも麻枝 准をレジェンド枠にまつりあげてしまっていた。
もちろん、実作者として第一線で活躍していることは知っている。過去を振り返ってみても。ゲーム、漫画、アニメでの足跡を知らぬ者はいないだろう。
だが麻枝 准は初めて「小説」を書いた。
しかも、これまでの読者層から離れているかもしれない場所で、だ。
レジェンドとしてではなく、チャレンジャーとして筆を執ったと私は感じた。ゲームやアニメで使えたことが、小説では使えない場合があるし、その逆もまたそうだ。
手に入れた不自由と自由を武器に、これまでとは違う何かに到達しようと奮闘している麻枝 准を感じられる貴重な一作といえよう。
もちろん、これまでのファンでも楽しめる麻枝節はもちろん健在。安心して心揺さぶられてください。
優しく温かく誠実ゆえに、儚く切なく美しい物語
LiSA(シンガーソングライター)
産み落とされたこの世界で、明日まだ楽しいことがあるかもしれない。
私もそんな風に思わせてくれる出会いを繋ぎながら今日まで来たなぁ。と自分自身の人生に重ねながら読み進めました。
なぜ涙が出るのだろうと考えてみると、作品の中に麻枝さんを感じるからだと思います。
麻枝さんらしく優しく温かく誠実ゆえに、儚く切なく美しい物語です。
衝撃のラストに心奪われました
鈴木このみ(アーティスト)
世の中は窮屈なのに何故生きていくのかなと、誰もが一度は思う事にシンプルで身近なヒントをくれる一冊です。
生きる事は面倒臭いと言う十郎丸と、生きる喜びを教えようとする時椿。アンバランスな二人の言葉どちらともに共感を覚えながら、衝撃のラストに心奪われました。切なく美しい物語。
共に生きている誰かをふと愛おしく思える
楠木ともり(声優)
生きていて目の当たりにする出来事は、考えれば考えるほど理由がなく、無駄に感じるようなことばかり。
その積み重ねが"生"に対する虚無感に繋がる経験は、誰しも一度はあると思います。
しかし空虚な日常を愛おしく思うことで、深く関わらずとも共に生きている誰かを、ふと愛おしく思えるのかもしれない。そう気付かされる一冊です。
1度でもものづくりをしたことがある人には重く響く
やなぎなぎ(シンガーソングライター)
時折、創作をしている人の目を借りて、その人が見ている世界を覗いてみたいなと思うことがあります。
同じ風景を見て同時に撮った写真なのに全く違うものになっているような、世界の切り取り方が異なっている人。
麻枝さんも私にとってそんな存在でしたが、この小説からその一端を覗けた気がしました。
登場人物の言葉一つ一つから麻枝 准というフィルターを感じます。特に1度でもものづくりをしたことがある人には重く響くのではないでしょうか。
欲を言えばこの世界の成り行きをもっと見てみたかった気持ちもありますが、もう少しで掴めそうなところ、一歩届かずな存在がこの作品の魅力でもあるのかもしれません。
NEWS
2021.04.27
『猫狩り族の長』発売前重版決定!
2021.04.12
『猫狩り族の長』公式ホームページ公開