サマポケ開発日誌(折戸伸治)

こんにちは、折戸です。

このスタッフブログ…サマポケ発売までだと勝手に思い込んでたら、まさかの続投でまた回ってきました!どうやら暫く続くようです…。

今回のブログネタ、本当は先日の7日に開催された、Keyオーケストラコンサートの事を書こうかと思ったのですが、別のブログでの執筆が来てネタがカブってしまうので、オケコンレポートはそちらに書こうと思います。公開されたら是非見てください。

最新作『Summer Pockets』が発売されて約2週間。皆さん、サマポケはもうプレイされましたでしょうか?
ネットで検索してみたら、クリアされている方も結構いる様で、感想なども上げて下さっている方もおり、楽しんで頂けてるようで何よりです。

今、自分は何をしているか?と言うと、頭にも書いたオケコン諸々と、サマポケオリジナルサントラの制作を進めてます。(あとは冬コミケ用CDの企画2つほど)

サントラのジャケット絵は、やはり描き下ろしイラストが欲しいので、Na-Gaに依頼!
そのジャケット絵なんですが、歴代のサントライラストって、眠っているイラストが多いんですよね。

keyblog_0711_02.jpg

今回も伝統として、それを続けるか否か…で迷った結果…

今回は寝かせませんでした !
やってしまった…けど、まぁ、いいや。

今回、CGさんに構図案を色々出してもらい、その中に何個か良いのがあってどれにするか迷ったのですが、魁センセーの選んだものに自分がちょっと意見を足したものになりました。
ただ今、Na-Gaに描き下ろしてもらってます。

今回没案になったラフを…。

keyblog_0711_02.jpg

ラフ案でも、右上に寝てるのもあったり…寄りにするか、引きで背景いれるほうが映えるかなど色々と検討。

サントラは全48曲3枚組になる予定です。
サマポケ世界観を彩るひと夏のサウンドを、通勤・通学や就寝前の音楽として、是非聞いて頂ければと思います!

発売日等の情報は、後ほど公開します。

(文章:折戸伸治)

サマポケ開発日誌(ディレクターの方とシナリオの方の魁)

こんにちは、ディレクターの方の魁です。
6月29日、無事「Summer Pockets」を皆様のお手元に届ける事が出来ました。
インターネットに上がっているご意見、ご感想を眺めながら、今はただただ「夏」を届けられたと。
長い開発期間が報われたと、胸をなで下ろしています。
願わくば、この「Summer Pockets」が、皆様の新しい思い出になれましたら、幸いです。
「Summer Pockets」は横にも広いゲームになっています。
色々な場所に隠れたシナリオ、会話が潜んでいますので、是非見つけてください。

………
……

というわけで…
シナリオの方の魁にチェーーーーーーーーーンジ!
あーー、しんどかった! マジしんどかったーー!
何がしんどいって、麻枝 准原案を下手な物にできないってプレッシャーですよ。
初回特典に入っている冊子では麻枝さんがハードル上げてくるし!
自分でできる限りのことはやりました。
沢山の人の手を借りて、助けられて、そうしてゲームを完成させることができました。
無事、発売できてよかった。
ちなみに、先日、東京秋葉原のジーストア様でトークショーをさせて貰った時に訊いてしまいました…

【魁】「正直に手を上げてください。発売延期すると思った人!」

シュババババババババっ!(99%相当が手を上げる)

【魁】「発売日に…ちゃんと…出ると思っていた人…」

おずおず…(1、2人が手を上げる)

発売日に出ると信じてくれていた人を抱き締めたかった。

さて…、ずっと止まっていたブログの続きを書きましょうか。

<前回のあらすじ>【前回のブログはこちら】
2016年9月、Summer Pocketsプロデューサー丘野の甘い言葉に騙され、伊豆の奥地に監きn…合宿に来たライター陣。
街灯もない惨劇が起きそうな白い家の前で、ただ立ち尽くす…。
外は雨……、俺たちは白い家に入っていった。

とりあえず、これからしばらく暮らす家の中を確認しなければいけないから。

keyblog_0704_01.jpg

細い階段を上る。
かなり急勾配で、手すりを持たないと上り下りが怖かった。
そして、寝床は…。

keyblog_0704_02.jpg

【ライター陣】「………」

昭和の不倫部屋…、俺たちはそう呼んだ。
とりあえず、仕事をするために自分たちの相棒をテーブルに列べる。

keyblog_0704_03.jpg

様々なノートパソコンが並んだ。
vaioの右上にあるガラケーは、ホテルの人から渡された物。

【ホテルの人】『何かあったら、これで電話してください』

…何かって何? 急な停電で、この携帯がつながらなくなって…惨劇が…。
という、妄想までした。

それぞれキャラを確認しつつ、プロット制作。
黙々とキーボードを叩き続ける。
事務所のように内線もかかってこない。
ものすっごくはかどった。
なにより、周りには何も無いから、仕事以外にすることはない。
強制就労…いやいや、合宿合宿。

不意に、インターホンが鳴った。
夕飯の時間で、車が迎えに来た。
外はすでに真っ暗で、懐中電灯がないと外を歩けない状態だった。
車で10分ほど走れば、ホテル。
そして食事は……

keyblog_0704_04.jpg
keyblog_0704_05.jpg

【魁】「うめーーーーーーーーー!」

ライター陣歓喜。
丘野Pは後に語る。
【丘野】「食を充実させれば、頑張れますから」
ライター陣は、その甘言に酔いしれた。
食べている間は、そう…幸せだった。

食事は朝と夜をホテルに食べに来る事になっている。
昼食は? 自分たちで用意です。

【魁】「すみません、この辺りにコンビニって…」
【ホテルの人】「この山を下りたところにあるよ」
【魁】「歩ける距離ですか?」
【ホテルの人】「片道3~40分くらいですね」
【魁】「タクシー呼んでください」

山を下りて、タクシーに待っていてもらいコンビニで買い物。
延べ5日分の食料を買って、仕事場へ。
またキーボードを叩き始める。
だって、それ以外にすることはないから…。

ちなみに…お風呂は……

keyblog_0704_06.jpg

檜の露天風呂(温泉掛け流し)!
凝り固まった体がほぐれます。
仕事を忘れ、一時の休息に空を見上げると…
──雨…。

風呂から上がったら、またキーボードを叩きます。
結局、夜の2時くらいまで、ひたすらキーボードを叩いてました。
昭和の不倫部屋で眠っていると、朝の5時くらいに、ふと物音で目をさました…。
夜も明けぬ内から、誰かがキーボードを叩いていた…。
その音に感化されて、ベッドから起きると、同じくキーボードを叩き始める。
だって、それ以外に出来ることがないから…
外は変わらず

合宿は続く……。

<続く>

(文章:ディレクターの方とシナリオの方の魁)

サマポケ開発日誌(ふむゆん)

こんにちは、ふむゆんです。

サマポケも発売まで・・・

となりました!
……あと2日!?

正直まだ実感がわかないのですが
先日、開発室に完成品が届いたので発売するみたいです。

2日後にはお店に並ぶみたいです…

keyblog_0627_01.jpg

あと2日…

今日は、色紙を描いてます。

keyblog_0627_02.jpg

それでは、また。

(文章:ふむゆん)

サマポケ開発日誌(yucchi)

おかげさまでこのたび「Summer Pockets」無事にマスターアップしました!
やったー!!!!!
というのはみんなおっしゃっているのでもういいですかね?
むしろ発売日まで数えるところあと9日となり逆に今度はそわそわし始める時期でもあります。

また前回の開発ブログでは時間がなくてバンジージャンプ?している、しろはのちっちゃいイラストしかかけなくて誠に申し訳ございませんでした。
今回のブログはちゃんとかきましたのでよろしくお願いします。

keyblog_0620_01.jpg

違う!そうじゃない!

(文章:yucchi)

サマポケ開発完了日誌(Na-Ga)

サマポケ、無事マスターアップしました。
なので
『サマポケ開発日誌』
も終了です。

ありがとうございました!(完)

↑で今回のblogは済ませようとしたんですけど
”ここは『不定期更新 staff blog』なのでもう少ししっかりと書いてください”
と無言の圧力が。
いいじゃないのさ。
マスターアップしたんだしもうちょっとこう、労わりをもって接してもらいたいものだけど。
不定期更新なら尚の事じゃないのさ。
みたいな表情で伺っていたら
”ほら、発売日までみんなで盛り上げていきましょう、ね?”
みたいな雰囲気のアルカイックスマイルを浮かべるスタッフがいるのでした。
なにこのお互い無言のやりとり。
開発という重力から解き放たれた今、新しいコミュニケーション法でも身についたんでしょうか。
でも額に稲妻みたいな効果は発現しないし効果音も鳴らないので、ニュータイプにはなっていないようです。

どうもこんにちは。
サマポケ作業が無事完了してヤッホー!
怠惰な日々を過ごしてやるぜと目論んでいるオールドタイプ全開なNa-Gaです。
ニンジンいらないよ。
今回のblog、予定通りでは文章が足りないみたいな感じだったので、心機一転タイトルも勝手に変えて書き足してみることに。
その名も
『サマポケ開発完了日誌』!
始まります!
……

といっても特に何が変わるわけでもなく、自分は日々あった事をつらつらと書いていくだけなので今までとなんら変わりはしないんですけど。
あと、このタイトルは今回だけです。
誰にも了解とっていませんし。

何にしてもマスターアップです。
そのちょっと前。
マスターアップ直前ともなると疲労もピークどころか、なんだかよくわからない状態になる事もあるのですが、今回は

「マスターアップか…」
「そういえばマスターって師匠とかそんな和訳にもなるよな」
「師父って訳だと拳法の達人かな」
「そうすると…マスター・アップでは、アップ師父?」
「アップ師父……一体どんな拳法の達人なんだろうか…」
「きっとバグとかそれはもう一撃で倒すんだろうさ」
「でも予期せぬエラーにはちょっと弱いんだ」
「謎は深まるぜ……」
「…」

そんな事を考えながら作業をしていたような気がします。
気がするというのもその辺の記憶が曖昧だからですが、なんとなくその妄想の産物であるアップ師父のイメージは、某マスター・アジアがそれっぽいのかなと頭に浮かべてたのだけは鮮明に覚えてます。
とりあえず妄想とはいえ共に?戦ってくれた事に感謝を。
アップ師父、ありがとう。

さて、その作業のお話。
開発途中はデータ整理をしながら作業は出来ていたんですけど、終盤ともなると先程のようによくわからない状態でデータ作成をする事も多いので、整理なんてどこ吹く風。
そんな事を続けていたらそりゃPCのHDDの中は未整理データ群でしっちゃかめっちゃかです。
いや、自分だけかもしれませんが。
机の上とか周りとかも普段からしっちゃかめっちゃかですし。
で、データを作ってる時は何がどこにあってなどの管理は頭の中でまだ出来ていたはずなんですけどあとで見直してみるとよくわからない状態になっていて、ワケがわからないことになる事もしばしば。
すいません、しばしばどころか毎回です。
日常ではないですけど、日常茶飯事です。
つまり毎回開発の終盤はデータ作成で必死なわけです。
……

ゆとりあるスケジュールって、手にする事ができない、追い続ける事しかできない幻みたいなものなのかな…。
ならばせめて
『ハロー!スケジュールちゃん』
みたいに擬人化して浜辺で追いかけ続けておきます。
待って、待ってー!
多分、永遠に追いつけない。

それはさておき、同じようなデータがHDDに混在していてどれが最終的に採用されたのか、せめてまだ記憶が鮮明なうちに整理しておかなくちゃいけないのはもう必須。
「このイベントCGのデータ、『最終』ってのがファイル名についているものよりも日付が新しいデータがあるのはなんで?」
とか
「あれ、データを作り直したけど結局それは使っていないんだっけ?」
とか、挙句の果てには
「この『なにか』ってファイル名のデータ、何……?」
とか、後で見直してみるとこんな感じになります。
ほんと、なにかって何さ?
そうならないようにしなくちゃいけないので、blog用の文章を書いてる場合じゃない!
って感じなんですけど、
「blogも大事なのでちゃんと用意しておいてね」
「…押忍…」

こんな流れも日常茶飯事です。
せめてこんな時はテンコードで
「10-4、10-10」
とか返事をして個人的に気分を盛り上げたくなりますが、大体そういう時は余裕が無い時なのでどうやら無理っぽいです。
まさに緊急指令。

で、今回も何かしら絵を用意しようかと思ってネタは何にしようかと思案していたところ、しろはの
「れいだーん」
の声が頭の中でふいに再生されたので、
「よし、あの場面はイベントCGでも描いていないしラフで描いてみるか。立ち絵の表情でもなんだか楽しそうだったし」
と思ったのですが…
出来上がったのがこちら。

なにかしろは.jpg

傘をさすしろは。
……。
「れいだーん」
な場面は皆様の想像力と妄想力にお任せする事にしました。
やっぱり、そういった創作意欲が沸きそうなシーンを自分が描いちゃうというのもなんですので。
決して開発が完了してニュースを見る時間が増えてVA本社のある関西も既に梅雨入りしているらしいと知ったからではないんですよ?
うん。
ちなみにしろはの
「れいだーん」
の場面は体験版で確認できます。

雨。
濡れたり湿度があがってじめじめしたりであまり良いイメージがなかったりもするようですが。
けど、のんびりとした日に雨が降っているのをぼんやり見ているのは嫌いじゃないです。
所沢にいそうな、子供の時にだけ会えるかもしれない、あの有名キャラも雨傘に落ちる雨の音に興奮していましたし。
しろはも傘をさしながら一人、夜の畑で不思議な踊りをしていてもなんだかうなずける感じがします。

ちなみにこのしろはの画像データのファイル名を見直してみると
『なにかしろは.jpg』
でした。
アップロードの際には整理のためファイル名は変更されているとは思いますが……。
先ほどの『なにか』がファイル名につくシリーズなのか、はたまた自分に、あるいは誰かになにかしろよとでもファイル名で訴えているのでしょうか。
それともただの駄洒落なんでしょうか。
もう、よくわかんない。

気をとりなおして画像を見直してみると梅雨時なので、でんでんむしも描いていますね。
カタツムリと書くよりは、でんでんむしと書いた方がノスタルジィな感じがしませんか?
雨とアジサイとでんでんむし。
自分の中では梅雨と言えばこんな雰囲気ですがみなさんはいかがでしょうか?

梅雨入りもして、その梅雨が明けると夏真っ盛りかと。
その夏、皆様のそばに『Summer Pockets』があるのなら、とても嬉しい限りです。

『Summer Pockets』、いよいよ16日後に発売です!

(文章:Na-Ga)

1 37 38 39 40 41 43