プリマドール・アンコール
03-02 冬の花火(2)
<<前のエピソード 目次 次回に続く>>

 頭からすっぽりストールに包まれて、暗がりの中じっと息を潜める。
 月明かりだけが差し込んでいる室内。
 時折、遠い花火の音が聞こえてきて、僅かに明滅する。
 吐く息は白いが、寒さは耐えられないほどではない。
 隣には車椅子。物言わぬ人形の姿。
 リリアは応接室の隣で、時が過ぎるのを待ち続けていた。
 微かなオイルの匂い。机の上には雑多な工具が散乱しており、壁際にはその用途も定かでは無い計器類。あの子――灰桜の整備室なのかもしれない。椅子には乱雑にコートが脱ぎ捨てられている。肩に徽章が見えた。

『…こんな日にお仕事とは、大変ですね~…』
『…ああ、これはすまないね。うん、いい紅茶だ……』

 隣室から微かな灯りが漏れる。時折笑い声も。てっきり警官を門前払いしてくれるものかと思っていたが、室内に招き入れて、おまけに暖かなお茶まで振る舞っている。いったいどういうことなのだろうか……。

『…では、また遠間博士が帰ってきたらお邪魔するよ。ありがとう…』

 たっぷり休憩を取って、警官たちは去っていった。
 しばらく静寂。花火の音。そして……



 ちょっとだけ扉を開けて、にこやかな顔を見せてくれた。大丈夫と言いつつ、ささやき声なのがおかしい。

 「よかった……なにか聞かれなかった?」

 ほっと安堵の息を漏らす。暖炉の前に立つと、心まで溶けていくようだった。

 「遠間博士って誰かしら?」

 人形には必ず管理・監督を取り仕切る所有者マスターが存在する。マスターの命令には絶対服従で、勝手な行動は許されないのだ。

 「……私を匿って大丈夫なの?」
 「その、マスターに怒られたりしない?」
 「それは、そうなんだけど」

 ぱあっと明るい顔で笑う。


 なんだか心配した自分が馬鹿みたいだ。

 「ありがとう、いただくわ……」

 微かな香気。すこし温くなったお茶で、冷たく乾いた喉を潤した。

*       *       *

 「私はね、もう帰る場所がないの」

 いつしか花火も終わっていた。
 薄暗い室内、暖炉を見つめながら、リリアは言葉を選んで伝えていく。

 「あの子を持ち出した以上、もう劇団には戻れないわ」
 「……お母さんとお父さんのところ。もう何年も会ってないけれど」
 「ローベリアに」

 その言葉に、灰桜は目をぱちくりさせる。

 「そんな簡単にいけるわけないわ」

 灰桜は、壁にかかった地図を指し示す。
 列車で二時間も移動して、そこから森を抜けて一昼夜歩けば辿り着くかもしれない。

 「戦争中よ。国境線を超えられるわけないでしょう」

 納得した様子で、ぽんと手を叩く。事情が分かっているのか、いないのか。

 「共同租界まで行って、そこから船便に乗るの。そしてローベリアに亡命する……それが唯一のルート」
 「そうね。そんなお金があれば……ね」

 共同租界まで行って、ビザを入手して、ほとんど世界を一周するような船便に乗る。果たしていくらかかるのだろうか? リリアには想像もできなかった。

 「たぶん足りないわ。稼がないと……」
 「仕事をしたり、物を売ったり……」

 なんだか納得した様子で、灰桜はうんうん頷いている。

 「え?」

*       *       *


 一夜明けて、からりと晴れた青空がどこまでも広がっている。
 雪はすっかり止んで、辺りは一面の銀世界。
 灰桜の煙突からは、白い蒸気がぽっぽっと吹き出していた。

 「い、いかがでしょうか……」

 リリアの前には、部屋から持ち出した小机がひとつ。
 伏せて重ねられたティーカップに、大きなシュガーポットがひとつ。
 地図の裏に書いた宣伝ポスターが、いかにも即席で作りましたという雰囲気で貼られている。

 「……あのね、灰桜」

<<前のエピソード   次回に続く>>

執筆:丘野塔也 挿絵:まろやか CV:和氣あず未(灰桜)


目次へ戻る