―― 読者レビュー ――
【こちらのフォームよりご意見・ご感想をお寄せください】
※メールアドレス登録でデジタルコンテンツプレゼント!※

目次


PV 110,121
2021年5月4日更新
2020年10月26日公開 約3000文字/目安読書時間【6分】
人はみんな、泣き声と共に生まれてくる。
2020年10月30日更新 約1800文字/目安読書時間【4分】
「わたしは、灰桜といいますっ。皆さまのお役に立つ、自律人形です」
2020年11月3日更新 約900文字/目安読書時間【2分】
なにやら深い事情があるらしい。ボクは居住まいを正すと、彼女の声に耳を傾けようとした。
2020年11月3日更新 約1200文字/目安読書時間【2分】
「はーいーざーくーらー。買い出しにどれだけ時間をかけているの!?」
2020年11月6日更新 約1400文字/目安読書時間【3分】
「あの、鴉羽さん。ボクをここで雇ってもらえませんか?」
2020年11月10日更新 約1300文字/目安読書時間【3分】
「採用だ。君なら人柄も問題あるまい。よろしく頼むよ」
2020年11月13日更新 約1600文字/目安読書時間【3分】
「月下は戦闘人形であります」
2020年11月17日更新 約1200文字/目安読書時間【3分】
「一昨日来やがれであります!」
2020年11月20日更新 約2800文字/目安読書時間【6分】
「おきゃっお客様っ!さくっ桜には毒がありますのでっ」
2020年11月24日更新 約1500文字/目安読書時間【3分】
「あの子、壊れているから」
2020年11月27日更新 約2600文字/目安読書時間【5分】
「わたしには、昔の記憶が無いんです。どこでなにをしていた自律人形なのか……なんのために作られたのか」


2020年12月15日更新 約2700文字/目安読書時間【5分】
『定休日』今日は週に一度、羽根を伸ばせる休日なのだ。
2020年12月18日更新 約1800文字/目安読書時間【4分】
「はいっ、箒星です。もちろん人形ですよー」
2020年12月22日更新 約2000文字/目安読書時間【4分】
「ですが、なんだか私の運がとっても悪いみたいじゃないですか」
2020年12月25日更新 約1500文字/目安読書時間【3分】
「いいえ、からちゃんとげっちゃん……それに、灰ちゃんによろしくお願いします」


2021年1月1日更新 約3300文字/目安読書時間【7分】
それは、黒猫亭が開店するより、すこし前のこと。
2021年1月5日更新 約2000文字/目安読書時間【4分】
「きっと、リリアさんのことをお待ちですよ。どちらにいらっしゃるんですか?」
2021年1月8日更新 約2500文字/目安読書時間【5分】
「いらっしゃいませ~。おいしいはちみつハーブティーはいかがでしょうかっ!?」
2021年1月12日更新 約2900文字/目安読書時間【6分】
「私だって、会いたいよ! お母さんとお父さんに会いたい……! 連れて行きたかったって……言ってほしいよ……!」
2021年1月15日更新 約3400文字/目安読書時間【7分】
「そうですか、それでは~……歌をうたっていただけませんかっ」
2021年1月19日更新 約3000文字/目安読書時間【6分】
「リリアさーんっ! よかったぁ、追いつきました……!」
2021年1月22日更新 約1900文字/目安読書時間【4分】
「行きましょう、リリアさんが幸せに暮らせる場所に」
2021年1月26日更新 約3000文字/目安読書時間【6分】
「空が……きらきらと、輝いていますっ!」
2021年1月29日更新 約3000文字/目安読書時間【6分】
「さよなら、灰桜。……ありがとう」
2021年2月2日更新 約3000文字/目安読書時間【6分】
「……忘れてしまうのですか?」


2021年3月12日更新 約2500文字/目安読書時間【5分】
「ふ……ふふ、ふふふ……」
2021年3月12日更新 約5000文字/目安読書時間【8分】
「なあああああああああーーー! 忘れてーーー! 忘れなさいーーーー!」
2021年3月19日更新 約4000文字/目安読書時間【7分】
「ミュージック、スターートーーー♪」
2021年3月19日更新 約2500文字/目安読書時間【5分】
「どどどどどどうしてあなたたちがここにいるのよ!?!?」


2021年4月26日更新 約3700文字/目安読書時間【7分】
「なに者ですの?」
2021年4月30日更新 約3250文字/目安読書時間【6分】
「レーツェル。お姉様の可愛い妹、ですの」
2021年5月4日更新 約2500文字/目安読書時間【5分】
「飲まずにはやっていられませんわ……!」
2021年5月7日更新 約2500文字/目安読書時間【5分】
「わたくしはいつもお側にいます……それだけは覚えておいてくださいませ」